国道152号を行く (5)

国道152号で中央構造線と秋葉街道を辿る (5)
                                                       ≪ (4)からの続き ≫

急傾斜の生活道路Ed 入沢井・中峰林道の分岐を過ぎると、国道の両側に、小規模な棚田が現れ、人家が散在しています。時々、東の山に登ってゆく急坂が現れます。沢を渡る所にこそ網のフェンスがあるものの、それ以外にはガードレールのない道が、生活道路に使われているようです。凍結する時期には慣れないと危ない道です。
 棚田が切れて、鹿塩川が国道のすぐ西側を流れている河畔では、対岸が近くに見え、比較的最近崩大鹿村大栗&三波川石Ed落したと思われる領家変成岩岩肌が
      <図42.急坂で沢を渡る道路
>               目立ちます。     
 国道標識のポールに付随する地名標識「大栗」が現れ、足元に青みを帯びた三波川変成岩が見えます。対抗方向の国道標識のポールに付随する地名標識は「柳島」です。「柳島」が現れ
秋葉古道の標識Ed
るのは2回目です。つまり、先述の  (4)で、私は勘違いしていました。ここまでが柳島集落だったのです。      <図43.地名標識「大栗」&三波川変成岩> 

 やがて、赤い橋梁の橋が現れ、袂には秋葉古道の木製立札が立っています。橋の向こうには集落が見えます。こちらが大栗の主な集落で、かつての秋葉街道は集落側を通っていたのでしょう。
 集落をバイパスする新しい国道を進むと、相変わらず東は崖を削った擁壁が所々に現れ、西は道路ぎりぎりを鹿塩川が流れていますが、川向こうに点在する人家に気持ちが安らぎます。橋から見る鹿塩川Ed
  少し進むと、対抗方向で、国道標識のポールに付随する地名標識「大栗」が現れ、ここ迄で
<図44.大栗橋から見る鹿塩川 大栗集落は終わります。
 先程分岐した秋葉古道が戻って来る橋が見あります。袂にはやはり、秋葉古道の木製立札が立っていますが、こちらは墨が流れて読めません。

 秋葉古道の戻り口より手前の国道の東側に、入沢井・中峰林道への分岐があり、(4)で先述した分岐の戻り口になっています。
 ヘアピン・カーブの続く中峰の林道沿いに、何か所か纏まって、鹿塩の集落があります。          
 急坂となる分岐の入口には、「青いケシ 大池方面」の立て看板があり、  <図45.大栗集落の橋から見る鹿塩川>  対向方向には「するぎ(駿木)農園村3.5km」の木製標識や、10分で着くという農家レストランの看板が立っています。

 この分岐を過ぎると、国道の東側に小さな棚田が現われ、周辺に人家が点在し、続いて大鹿中学校が現われます。ここは塩原集落です                          
農村体験館Ed 擁壁が切れて、東側の斜面に豆類が植えられている所では、鹿塩川と国道の間に、都会からの自炊客を対象にした「農村体験館」の建物が並んでいます。ここは、都市農村交流事業として設立20年を超える、日本型グリーン・ツーリズムの先進地だそうです。
 この種の施設への訪問を切っ掛けに、大鹿村に I ターンした人も100名を超えるそうです。移住者へのインタビューでは、地元民くな親切が身に染みて、移住を決意し            <図36.鹿塩の農村体験館>               た人が多いようです。
 
小塩地滑アンカーEd  蛇行する鹿塩川に沿って国道も蛇行し、東側に高い擁壁が続いた後、道幅が1.5車線ほどに広くなり、崖の上に蕎麦屋が現れます。その先で、国道標識のポールに付随する地名標識「大塩」が現れます。大塩の集落です。標高は890mで、中峰黒川林道分岐から33mしか下っておらず、カーブは多いものの、かなり平坦な道になっていることが分かります。
 ここの対向方向に、「この先 分杭峠 大型車両(ホイール・ベース5m以上) 通り抜けできません 飯田建設事務所」という看板が登場。これは私たちの通ってきた道の話ですから、逆に、進行方向には、     <図37.小塩地滑り地帯のアンカー工事>     間もなくセンター・ラインが登場し、道幅が2車線になることを期待させます。
下り勾配&小塩 国道沿いに住宅が点在する大塩の集落を抜けると、西流して来た小さな沢と鹿塩川の合流の橋があります。その橋の手前で、国道にセンター・ラインが現れます。
 橋を渡って国道を進むと直ぐ、東の高い擁壁の前に、斜度標識「下り勾配10.5%」のポールが現れます。このポールに付随する地名標識は、標識のある場所が「小塩」であることを表しています。
 この位置で、国道西側の林の中に、消えかかった細い道が分岐して行きます。秋葉古道は、崖を切り崩すことなく、迂回していたものと思われます。
 国道沿いは高い擁壁が断続する小塩の集落ですが、崖の上や、国道と鹿塩川の間に人家が散在しています。
 崖と林が切れると、人家の先に、迂回していた秋葉古道が戻って来ます。
<図38.斜度標識&「小塩」の地名標識
 西流して来た大きな沢と鹿塩川の合流の橋の手前で、東に沢沿いの道が分岐しています。分岐の角に大き
な桜の木があり、「夫婦桜」の札が立っています。

小塩地滑工事看板Ed 橋の上からは、沢の対岸に「小塩地区 直轄 地すべり防止事業 林野庁中部森林管理局」という看板が見えます。 
 ここは、国内有数の大規模地滑り地帯で、昭和40年代には年間1.5mほど動いていたそうです。対策工事の結果、今では動きが止まっていますが、今度はその上部が動いているようで、現在、GPSで観測中だそうです。
 小塩地区の地滑り地帯は、(1)に先述した三波川変成岩類の結晶片岩
(黒色片岩や緑色片岩)の地層で、薄く剝れ易い特徴があり、何かあると、大規模な崩落を起こします。                             
 ここでは、元々脆い地盤を、大量の地下水が崩壊させると考えられてお <図39.「小塩地区地すべり防止事業」の看板り、集水井や集水トンネルが作られ、補強アンカーが打込まれていますが、そのトンネル工事中にも出水でトンネルが崩落したり、水圧でアンカーが吹き飛ぶなど、工事は度々難航 するようです。

行先標識&柳島Ed2 袂に「夫婦桜」のある橋を渡ると、対向方向で、国道標識のポールに付随する地名標識「小塩」が現れ、ここ迄で小塩の集落が終わります。
 東の高い擁壁と、西の鹿塩川に挟まれた谷間の道を南進すると、擁壁が切れた辺りから、国道の両側に小さな集落が見えてきます。
 対向方向で、ブルーの行先標識「入沢井・中峰」のポールが現れ、入沢井・中峰林道が、国道から東へ分岐する急坂があります。このポールに付随する地名標識は、標識のある場所が「柳島」であることを表しています。 即ち、対向方向の集落標識が「小塩」~「柳
島」の間が、柳島集落だったことになります。
 この標識ポールの足元に、「青いけし」の立て看板があります。私たちの進行方向には、地名標識はないものの、行先標識と「青いけし」の立て看板だけはあります。
<図40.入沢伊・中峰林道分岐&「柳島」標識
大池湿地九輪草Ed 入沢井・中峰林道は、中峰~入沢井経由で、大池高原に通じています。大池高原を経由して、中峰・黒川林道に通じています。即ち、儀内路集落で国道152号から分岐し、北川・黒川 牧場に至る、(3)に先述の林道と繋がっています。
  大池高原には、澄んだ水を湛える大池(周囲2km)や、高山植物の咲く湿地帯があります。近くには、ヒマラヤの「青いけし」を育てている農園もあり、この林道は、花の季節には賑わいます。

 大池高原の西斜面を直滑降すると、小塩地区に至ります。即ち、大池高原は小塩地区の山頂部に相当します。大池と周辺の湿地帯の豊富な水 <図41.クリンソウ(九輪草)咲く大池周辺の湿地量が、元々地盤の脆い小塩地区に、地滑りを齎しているように見えます。
                                
【注】 日没後の国道に関する画像に限り、後日、Google Street View でトレースしたものです。

 文責 :  南アルプスJGN全国大会に参加したHP&ブログの担当スタッフ  in  銚子ジオパーク推進市民の会

                                                       ≪ (6)に続く ≫

国道152号を行く (4)

国道152号で中央構造線と秋葉街道を辿る (4)
                                                       ≪ (3)からの続き ≫

国道沿いの鹿塩川Ed 黒川沢に掛かる橋を渡ると、国道の左右の平地が狭まり、田畑も人家も途絶えます。鹿塩川は、国道の西側ぎりぎりを流れています。
 やがて東側の山を削った擁壁が現れると、鹿塩川と国道の間に、僅かな集落と畑が現れます。対向方向で、国道標識のポールに付随する地名標識「儀内路」が現れ、ここ迄で儀内路の集落が終わります。
 カーブや橋の袂には滑り止め砂や融雪材(塩化カルシウム)の袋を置いた箱が置かれています。冬の凍結時に道路に撒くのでしょう。海沿いの街で暮らす者にとっては、環境の違いを知る道でもあります。                                                <図35.、国道の際を流れる鹿塩川
農村体験館Ed 擁壁が切れて、東側の斜面に豆類が植えられている所では、鹿塩川と国道の間に、都会からの自炊客を対象にした「農村体験館」の建物が並んでいます。ここは、都市農村交流事業として設立20年を超える、日本型グリーン・ツーリズムの先進地だそうです。
 この種の施設への訪問を切っ掛けに、大鹿村に I ターンした人も100名を超えるそうです。移住者へのインタビューでは、地元民くな親切が身に染みて、移住を決意し            <図36.鹿塩の農村体験館>               た人が多いようです。
 
小塩地滑アンカーEd  蛇行する鹿塩川に沿って国道も蛇行し、東側に高い擁壁が続いた後、道幅が1.5車線ほどに広くなり、崖の上に蕎麦屋が現れます。その先で、国道標識のポールに付随する地名標識「大塩」が現れます。大塩の集落です。標高は890mで、中峰黒川林道分岐から33mしか下っておらず、カーブは多いものの、かなり平坦な道になっていることが分かります。
 ここの対向方向に、「この先 分杭峠 大型車両(ホイール・ベース5m以上) 通り抜けできません 飯田建設事務所」という看板が登場。これは私たちの通ってきた道の話ですから、逆に、進行方向には、     <図37.小塩地滑り地帯のアンカー工事>     間もなくセンター・ラインが登場し、道幅が2車線になることを期待させます。
下り勾配&小塩 国道沿いに住宅が点在する大塩の集落を抜けると、西流して来た小さな沢と鹿塩川の合流の橋があります。その橋の手前で、国道にセンター・ラインが現れます。
 橋を渡って国道を進むと直ぐ、東の高い擁壁の前に、斜度標識「下り勾配10.5%」のポールが現れます。このポールに付随する地名標識は、標識のある場所が「小塩」であることを表しています。
 この位置で、国道西側の林の中に、消えかかった細い道が分岐して行きます。秋葉古道は、崖を切り崩すことなく、迂回していたものと思われます。
 国道沿いは高い擁壁が断続する小塩の集落ですが、崖の上や、国道と鹿塩川の間に人家が散在しています。
 崖と林が切れると、人家の先に、迂回していた秋葉古道が戻って来ます。
<図38.斜度標識&「小塩」の地名標識
 西流して来た大きな沢と鹿塩川の合流の橋の手前で、東に沢沿いの道が分岐しています。分岐の角に大き
な桜の木があり、「夫婦桜」の札が立っています。

小塩地滑工事看板Ed 橋の上からは、沢の対岸に「小塩地区 直轄 地すべり防止事業 林野庁中部森林管理局」という看板が見えます。 
 ここは、国内有数の大規模地滑り地帯で、昭和40年代には年間1.5mほど動いていたそうです。対策工事の結果、今では動きが止まっていますが、今度はその上部が動いているようで、現在、GPSで観測中だそうです。
 小塩地区の地滑り地帯は、(1)に先述した三波川変成岩類の結晶片岩
(黒色片岩や緑色片岩)の地層で、薄く剝れ易い特徴があり、何かあると、大規模な崩落を起こします。                             
 ここでは、元々脆い地盤を、大量の地下水が崩壊させると考えられてお <図39.「小塩地区地すべり防止事業」の看板り、集水井や集水トンネルが作られ、補強アンカーが打込まれていますが、そのトンネル工事中にも出水でトンネルが崩落したり、水圧でアンカーが吹き飛ぶなど、工事は度々難航 するようです。

行先標識&柳島Ed2 袂に「夫婦桜」のある橋を渡ると、対向方向で、国道標識のポールに付随する地名標識「小塩」が現れ、ここ迄で小塩の集落が終わります。
 東の高い擁壁と、西の鹿塩川に挟まれた谷間の道を南進すると、擁壁が切れた辺りから、国道の両側に小さな集落が見えてきます。
 対向方向で、ブルーの行先標識「入沢井・中峰」のポールが現れ、入沢井・中峰林道が、国道から東へ分岐する急坂があります。このポールに付随する地名標識は、標識のある場所が「柳島」であることを表しています。 即ち、対向方向の集落標識が「小塩」~「柳
島」の間が、柳島集落だったことになります。
 この標識ポールの足元に、「青いけし」の立て看板があります。私たちの進行方向には、地名標識はないものの、行先標識と「青いけし」の立て看板だけはあります。
<図40.入沢伊・中峰林道分岐&「柳島」標識
大池湿地九輪草Ed 入沢井・中峰林道は、中峰~入沢井経由で、大池高原に通じています。大池高原を経由して、中峰・黒川林道に通じています。即ち、儀内路集落で国道152号から分岐し、北川・黒川 牧場に至る、(3)に先述の林道と繋がっています。
  大池高原には、澄んだ水を湛える大池(周囲2km)や、高山植物の咲く湿地帯があります。近くには、ヒマラヤの「青いけし」を育てている農園もあり、この林道は、花の季節には賑わいます。

 大池高原の西斜面を直滑降すると、小塩地区に至ります。即ち、大池高原は小塩地区の山頂部に相当します。大池と周辺の湿地帯の豊富な水 <図41.クリンソウ(九輪草)咲く大池周辺の湿地量が、元々地盤の脆い小塩地区に、地滑りを齎しているように見えます。
                                
【注】 日没後の国道に関する画像に限り、後日、Google Street View でトレースしたものです。

 文責 :  南アルプスJGN全国大会に参加したHP&ブログの担当スタッフ  in  銚子ジオパーク推進市民の会

                                                       ≪ (5)に続く ≫

国道152号を行く (3)

国道152号で中央構造線と秋葉街道を辿る (3)
                                                       ≪ (2)からの続き ≫

北川露頭駐車場Ed 2日目の9月28日(日)の日もとうに暮れて、時計の針は18:00を回りました。車は相変わらず道幅1車線の国道152号を、鹿塩川に沿って南に下っています。
 ややあって、川と国道との間隔が広くなり、『中央構造線 北側露頭』の広い駐車場が現れます。ここは、明日29日(月)のジオツアーに組み込まれているジオサイトです。標高は1,204mで、分杭峠頂上から220m下って来ました。

       <図28.北川露頭の駐車場         昭和36(1961)年6月27日、梅雨末期の集中豪雨に伴う「西山」の崩壊に
井上先生称徳碑Edよる土石流で、鹿塩小学校北川分校が破壊されました。
 その2日後には、鹿塩川の支流=「大花沢」からの土石流で、鹿塩川の川床が上昇し、当時住んでいた39戸の民家のうち、数戸を残して土砂に埋まり、3名の方が犠牲になりました。川に掛かっていた橋も流され、コンクリート部分だけが、今も残っています。 
 北川露頭は、この「36災害」で土砂が流されて露頭したもので、駐車場入口から1.5km北の鹿塩川沿いにあります。
 駐車場は木地師=大倉家の跡地だそうです。家は流され、  <図29.北川集落跡の神社&井上先生称徳碑(右端)>    露頭の山側に石垣だけが残っています。            
北川災害復興記念碑2Ed 北川露頭の駐車場の筋向いに、よく手入れされた境内を持った北川集落の神社があります。
   
36災害で壊滅的な被害を蒙り、2年後に全戸が離村する迄は、ここで村の祭礼が行われていたことでしょう。
 神社の境内、摂社の近くに、『井上先生称徳碑』があります。
  これは、流失した北川分校の校庭にあったもので、36災害から12年後の1973年に、100m下流の鹿塩川の中から発見されました。
 この碑は、北川集落を心の拠り所としている人々によって、集落の跡地に復元建立されました。
北川集落跡Ed2  <図30.災害復興記念碑と鹿塩川の流れ
 国道を隔てて神社跡とは反対側に、シャトル・バス発着所があり、
鹿村役場方向から分杭峠に行く人の為に便宜を図っています。

 廃村となった北川地域を南に下ると、
国道152号は、西流する支流の大花沢鹿塩川の合流点の、手前と先で2回、橋を渡ります。
 ここ迄
来ると、鹿塩川の川床は深く削られて国道との高低差も大きくなり、川幅も広がって橋が長くなります。
 2
つの橋の間に、嘗ての北川集落の中心があったそうです。
 今ここには、『災害復興記念碑』の建つ広場があり、国道の方を向いて地蔵尊も建っています。

 不思議なことに、国土地理院の1/25,000の地図を見ると、ここでの鹿塩川の流れは東へ膨らんでいます。一方、ゼンリンの最新の地図では、川と    <図31.北川集落跡と流亡した橋の跡
国道に挟まれたエリアの一部を抉り取るような流れに変わっています。          (天竜川上流河川事務所より)>
 これが36災害が残した川の軌跡なのでしょうか?                                                             
 
手開沢付近国道青岩Ed2 国道152号を更に南へ下ると、西流する支流の「手開沢」と鹿塩川の合流点の橋を渡る手前で、国道標識のポールに付随する地名標識「女高(オナタカ)」が現れます。橋の手前で、東側から、秋葉古道が合流しています。
 手開沢を渡った道路東側の法面は、3年程前に崩落したそうです。土石流があった箇所では、コンクリート製の擁壁の更に上方向に、新しい擁壁を追加しています。
 金網が張ってあるだけの所は、破砕された礫が落ちて来るのでしょうか?岩が剥き出しの所は、少し安全なのかも知れません。何れにしても、豪雨の日には通りたくない場所と思わせます。
 <図32.手開沢付近の国道沿いの青い岩>     擁壁がない部分では、(1)で先述の三波川変成岩類の青みを帯びた岩に木の根が巻きつき、岩の隙間に入り込んでいる様子も見えます。
 擁壁が少し低くなって来た辺りに、「飯田建設事務所」と書かれたゲートがあります。何か(雪・豪雨・土砂崩れ etc.?)あれば閉まる、つまり、割合頻繁に何かで閉まることを予想させます。

女高集落Ed 国道標識のポールに付随する女高の地名標識が2回目に現れた後、国道は、鹿塩川の支流が東から合流する地点に向かって坂を下りて行きます。この支流を渡る橋の手前に、支流に沿って「北川牧場」へ至る未舗装道路との分岐があります。
 この橋を渡ると、東側の視界が開け、国道沿いに僅かな畑、東の「女高沢」方向の奥まった高台に人家が見えます。女高の集落です。北川集落亡き後、国道152号沿いでは、大鹿村側で最奥の集落でしょうか?                  <図33.女高の高台の集落>           
 集落へ上る緩く長い坂道に、電柱の列が目立ちます。東の沢からの水を集めた小川を渡る時、「砂防指定地」の看板があり、地滑り地帯に気づかされます。     
 やや進むと、鹿塩川に掛かる比較的新しい橋があり、橋の向こう、電柱と道路の奥には、伊那山地を背景に数軒の集落が見えます。
                                  
儀内路集落Ed 平坦な畑の中を通る、農道のように狭い国道沿いにも人家が現れるようになると、国道標識のポールに付随する地名標識「儀内路(ギナイジ)」が現れます。国道152号沿いでは、大鹿村側で、奥から2番目の集落です。
 鹿除けのネットを張った畑があり、最初に現れた2件は廃屋化していましたが、3番目からは人が住んでいました。
 国道沿い東側に『治山二十年』の立派な石碑があり、その続きに「中峰・黒川林道」の分岐があります。行き先は、「北川・黒川 牧場」となっ <図34.儀内路の標識と鹿余けネットの畑と人家> ています。分岐点の標高は923mで、北川露頭の駐車場から281m下  って来ました。
 この林道は、鹿塩川の支流=「黒川沢」に沿って登り、そ上流部から南の「塩川」の上流部へ進み、塩川に沿って下り、「鹿塩郵便局」前で国道152号へと戻ります。冬は長期に亘って全面通行止めになるものの、季節と天候が良ければ、アルプスの眺望や高山植物が素晴らしく、人気の林道です。
 中峰黒川林道の分岐を過ぎ、黒川沢に掛かる橋の手前迄は、棚田に稲が実っています。千葉県では、この季節、刈入れが終わっていますが、気温の差でしょうか、長野県では未だのようです。
                                    
【注】 日没後の国道に関する画像に限り、後日、Google Street View でトレースしたものです。

 文責 :  南アルプスJGN全国大会に参加したHP&ブログの担当スタッフ  in  銚子ジオパーク推進市民の会

                                                       ≪ (4)に続く ≫
livedoor プロフィール
最新コメント
記事検索
タグクラウド
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
livedoor 天気
  • ライブドアブログ