◆ 
『 伊能忠敬日誌と当時の天候 』会員メール集(上)_市民の会 
a
【注】差出人のイニシャルの後ろの(n)(n=1,2,3・・・)は発言の出現回数。
a

【 1 】 日付 : 201592日 8:40
     件名 : 享和元年の明日、差出人 : Mr.S(1)
a
伊能忠敬の一行が、銚子の犬若岬から、富士山の方位角を測量したのが、
214年前の明日、
93日の朝だったのですね。
a
忠敬さん、秋雨の今の時期、
9日もの間、銚子に足留めされ、『明日こそは・・・』と、
気を揉んでいたであろうお姿を幻視してしまいます。
a
享和元年の明日の未明(あるいは今宵)、
南岸に停滞する秋雨前線に沿って、発達した低気圧(あるいは台風)が東進した・・・
のだろうと私は夢想しております。
a
今年は、低気圧が日本海を東進・・・

明日の朝、享和の再現にはならないようですね。
a

【 2 】 日付: 201592日 10:25
     件名: 伊能忠敬さんの測量、差出人 : Ms.M1)

a
93日は、新暦換算だったのですか?てっきり旧暦と思っておりましたので。

旧暦9/3は新暦で10/15、その頃には何とか見えたのだろうと、勝手に解釈しておりました。

a
測量後期には、心労でほとんどの歯が無くなっていたけれど、銚子での富士山待ちでは、
忠敬さんの歯も健在で、毎晩楽しく海と山の幸を召し上がっていたとばかり思っていました。
伊能忠敬さま、大変失礼申し上げました。
a

【 3 】 日付 : 201592日 10:54
     件名 : Re:伊能忠敬さんの測量、差出人 : Mr.S(2)
a

>銚子での富士山待ちでは忠敬さんの歯も健在で、毎晩楽しく海と山の幸を召し上がっていた・・・

→    
忠敬さん、何を召し上がっておられたのでしょうね?

当時の今ごろの、銚子の山海の珍味・・・
何だったのでしょう・・・

色々と思い巡らすのも楽しいですね。
a
【 4 】 日付 : 2015年9月2日 17:23、
     件名 : Re:享和元年の明日、
差出人 : Mr.T(1)
a
伊能忠敬の富士山の視認の日付ですが、

享和元年の明日ということですが、この93日は旧暦の日付ですか?

それとも、旧暦の日付を新暦に換算して93日なのでしょうか?

旧暦93日だとすれば、新暦に直せばもう少し後日だと思いますが、どうでしょう?

a
【 5 】 日付 : 201592日 17:33
     件名 : Re:享和元年の明日、差出人 : Mr.S(3)
a

伊能忠敬さんの一行は、
1801(享和元年726日(旧暦) ) 年93日(新暦)、
犬若岬から富士山の方位角を測量。
a
富士山の方位角 申(さる)
1925秒 (25925分に相当)
a
現在の方位角 
2593632
a
驚異的精度であったと、私は理解しております。
a
(中)につづく