銚子の古代史

下総台地の船大工 (その2)

IwaiHudoyamaEd20120224 「ヘラサギの嘴」状に太平洋に突き出した銚子半島とそれに続く下総台地上は、沖合で黒潮と親潮がぶつかる影響で、暖流系の常緑広葉樹林(スダジイ・タブ・ヤブツバキ等)と寒流系の針葉樹林(モミ等)が混交しているのが、原初の林相です。この林相は今でも、小船木町2丁目に西側で隣接する、旭市岩井『岩井の不動滝山』(左写真、右端の「倶利迦羅不動尊」に滝水が降り注ぐ)の千葉県指定天然記念物の「極相林」に見られます。

 今の銚子市域で、多少とも森らしい森を探すと、豊里台の南側、長山町から富川町までの忍川流域、および野尻町から猿田町にかけて、に僅かに残るのみです。無制限に民間に任せておけば、低地の森は法面を残して全てが畑作地帯や畜産施設と化し、丘陵地の森はゴルフ場や山砂採取場や産廃処分場や産廃&残土の不法投棄場になります。

 小船木町2丁目に南側で隣接する猿田町の『猿田神社』と、銚子半島南部・高神西町の『渡海神社』に、千葉県指定天然記念物の「極相林」があります。これらを見れば分かるように、江戸期ないし戦前までは神社の社叢として、その後は県が天然記念物に指定しない限り、森は守られてきませんでした。

 一方で、森林は水源涵養林でもあります。地下水だけでなく、本城浄水場に入る黒部川水系高田川水系も、浄水場で塩素投入によってB.O.D.値は下げているものの、農薬や廃棄物による化学汚染は除去しきれていません。旭市の松が谷(旧海上)地区を水源とする、上述の忍川は、硝酸系窒素の閾値超えで、現在は取水休止になっています。
 さらに、水道水への塩素投入は、塩素が微生物を分解した際に発生するトリハロメタンの問題を起こします。トリハロメタンは肝障害や腎障害を引き起こすことが知られており、また発癌性や催奇形性も疑われている物質です。

 千葉県が公表するデータを見ても、銚子市は、ガン、中でも肝臓&胆管+胆嚢&胆道のガンによる死亡率が高止まりしていることが見て取れます。「沈黙の臓器」肝臓は、飲食物や皮膚から摂取した毒物に対する解毒を主な機能とする器官です。肝臓ガンの発生は、肝臓の能力を超える有害物質を摂取した可能性を示唆しています。

 水分は人体の70%を占めています。農業・畜産振興も商用施設の建設も、市民の生活のために必要なものですが、「市民の生命の維持に欠かせない、地下水・水道水の水質の向上と、水源涵養林の育成もまた、欠くことができない」と思う人々が、長らく声を上げているのは、不思議ではありません。


【追記】
 船木郷一覧_古代に、船材を伐り出す職掌の船木部ガ置かれたエリア
 
 1.遠江国蓁原郡舩木郷 ⇔ 静岡県榛原郡吉田町神戸字青柳から島田市南原、船木、湯日の付近
 2.下総国海上郡舩木郷 ⇔ 
銚子市船木町の周辺、御船山から船材を伐り出した 
 3.近江国蒲生郡舩木郷
 ⇔ 滋賀県近江八幡市の中央部  
 4.美濃国本巣郡舩木郷
 ⇔ 瑞穂市居倉付近 
 5.安芸国沼田郡舩木郷
 ⇔ 広島県豊田郡本郷町船木と賀茂郡大和町大草 
 6.安芸国安芸郡舩木郷
 ⇔ 庄山田村の船木(現呉市) ⇔  和庄、宮原、警固屋、吉浦、大屋などの諸村に及ぶ
 7.安芸国高田郡舩木郷
 ⇔ 船木村(高宮町船木)は佐々部と相併せ、船佐と改称 
 8
尾張国山田郡舩木郷 ⇔ 名古屋市守山区南部、または春日井市北東域神領ジンリョウ町ほかから小牧市の一部
 9
丹後国竹野郡舟木の里 ⇔ 竹野郡弥栄町船木(竹野川支流の奈具川上流)を含む一帯
10
伊勢国多気郡相可郷 『古事記』佐那の県 ⇔ 三重県多気郡多気町

下総台地の船大工 (その1)

HunakiTokoji20120221 世間の人が”船木”で思い出すのは、「世界一美しい」とも評された飛形で知られる、スキー・ジャンプの船木和喜(長野オリンピックで金2&銀1)でしょうか?

 一方、銚子半島には古来、海人系の古代豪族のひとつ、船木氏が住んでおり、利根川沿いに、今も船木町小船木町があります。中世には地域の領主として、小船木町1丁目の『東光寺』を居館としており、今も県道71号沿いに土塁の形跡が残ります。右のGoogle航空写真をダブルクリックすると、町・寺・神社・川・山の名前が見えます。 

 船木姓は、岩手・秋田から鹿児島・長崎まで、日本全国の海沿いの地域に分布が見られ、特に能登半島には船木姓が多く分布しています。正倉院文書には、能登の役人、船木部積万呂の記録があります。万葉集の編纂で知られる大伴家持の能登巡行でも、船木の由来と儀式が歌われています。

「鳥総(トブサ)立て 船木伐るとふ 能登の島山 今日見れば 木立繁しも 幾代神びそ」

 銅鐸(サナキ)祭祀で知られる船木氏は、かつて「神郡」とされた多気(タキ)(伊勢斎宮)の『佐那(サナ)神社』(現・三重県多気郡多気町)に田力男(タジカラオ)を祖神として祀り、ここを本拠地として、天武朝の律令国家形成よりもはるか以前から「造船」に携わっていました。

 『佐那神社』は、松阪で伊勢湾に注ぐ櫛田川の支流、佐奈(サナ)沿いに鎮座します。『佐那神社』の西方、櫛田川上流の丹生(ニュウ)地域には、空海が建立し”女人高野”で知られる『丹生大師』があり、一帯は水銀の一大産地として中世まで繁栄していました。古代、造船用材の防腐剤として水銀が使われており、町内を中央構造線が通る多気町で、船木氏はこの採掘・精製に携わっていました。他の地域では、船木氏銅・鉄・銀・金の精錬に携わった記録も残っています。

 マキの群落が銚子市指定の天然記念物になっている小船木町の『東光寺』も、始祖の地・紀州の『根来寺』から住職を迎えています。また、銚子市の寺の2/3と旭市の寺の4/7が、『根来寺』を再興した真言宗智山派に属し、紀州の影響を受けています。
 銚子と紀州との関係は、古代だけでなく、江戸時代に深まりました。紀州からは、醤油醸造技術がもたらされ、また、紀州の漁民が1,000家族以上も銚子に移住して、港町を築きました。外川漁港の繁栄も、この時代のことです。

 船木氏(オオ)の流れです。多安万侶(オオノヤスマロ)で知られる多氏は、太田命を祖とし、太田命の祖神は猿田彦大神です。銚子市森戸町の『猿田彦大神上陸之地』は、小船木町から北西に2kmほど離れた利根河岸にあります。しかも、小船木町2丁目の南側に猿田町が隣接しています。同族である猿田氏船木氏は、相前後してこの地に上陸したのかもしれません。

 船木氏が、黒潮に乗り、さらに利根川河口から遡って、今の地に上陸したのは、造船用材の切り出しを職掌としていたこの一族らしい選択です。銚子半島のどこに、わざわざ遠くから船旅を続け、大挙して上陸して伐り出すほどの森林があったのか、今ではとても信じられないといったところです。

豊里と猿田と清郷を結ぶ二等辺三角形(その2)

Akebonosou_021019 不動滝のある『龍福寺境内の森は、『スダジイの極相林』として県指定の天然記念物です。さらに、龍福寺周辺一帯が、県の『郷土環境保全地域』(1975年6月13日指定)および『鳥獣保護区域』(1975年10月26日指定)指定の、豊かな自然に囲まれています。  また『千葉県滝郷鳥獣保護地区探鳥路』として、コゲラ・ヒヨドリ・エナガ・シジュウカラ・メジロ・アオジなどの鳥が見られ、森林浴にも最適です。  北東に「飯岡台地」を背負い、南西に開いた地形が、「冬期温暖・夏期冷涼な気候」を作り出し、残存するモミ林を始めとして、寒地性植物が暖地性植物の中に混在する様子が見られ、学術的にも貴重です。  大量の湧水がもたらす低温・多湿な環境に適応して、林床には、アケボノソウ(左上の写真)やアケボノシュスラン(右下の写真)、 アマクサシダ、2mに及ぶコモチシダ、キヨスミイトゴケ等の貴重な植物が見られます。
  
 林縁では、県内唯一の自生地となるオタカラコウや、ゴマナ等の貴重な植物が見られます。
image005_AkebonoShusuran
 特筆すべきは、アケボノソウアケボノシュスランの清楚な美しさでしょうか。
 一般人にとっては到達の難しい深山でしか見受けられなくなった、これらの貴重な植生に、日常的に容易に出会えるのは、ここが信仰の森として乱開発を免れた聖域だからでしょう。

 近隣に数多く見受けられる、夜陰に紛れて今なお続く廃棄物の不法投棄や、ゴルフ場の開発に失敗した山砂採取場が、保護を外された後の、聖域の未来を暗示しています。
 生物多様性の学習を超えた、造化の妙の見事さへの感動を後世に伝えるためにも、私同様、信仰には無縁の一般人も、この植生を大切にしたいものです。
 一方で、この地域に建設予定だった産廃処分場の建設に反対してきた市民の、12年間に亘る粘り強い運動が功を奏した例もあり、(http://www005.upp.so-net.ne.jp/boso/sanpai28.htm 12年間の運動が産廃処分場設置をストップさせた!)環境悪化の抑止を諦めるのは、まだ早いと思わせてくれます。

Libanonzeder0329 日本には、メソポタミア文明の崩壊に伴い、その文明エリア(現在のイラク・シリア・レバノン)からの移民が、弥生期から今に至るまで、多数、居住しています。東方へと長い旅を続けた彼らにとって、縄文後期の日本列島の居心地は良かったのでしょう。
 「アルファベットとバイブル発祥の地フェニキアの繁栄を偲び、ガレー船(軍船・商船用)や船材輸出(ピラミッドで知られるクフ王の墓の『太陽の船』など)のために、フェニキアの故地レバノンで伐採され尽したレバノン杉が、今では、樹齢1200年以上は僅か400本にまで減少し、「カディーシャ渓谷と神の杉の森」(左写真はWikimedia commonsより)が世界遺産に指定されている事実にも、感慨を新たにするものです。


Creative Commons Some rights reserved

豊里と猿田と清郷を結ぶ二等辺三角形(その1)

IwaiHudoyamaMaped20120210 大津波など初めから無縁そうに、海辺からやや奥まった処で高く競り上がった飯岡の下総台地の上、猿田の南東の山側の水源池付近では、旭市と銚子市が非常に入り組んでいますが、平面上の距離では、この辺は隣接しています。

 銚子市の西端・JR成田線の「豊里」と、ここより東方・JR総武線の「猿田」を結ぶ線を、底辺とする二等辺三角形を南向きに描くと、頂点は旭市の清郷辺りになります(左のGoogle航空写真はダブルクリックで拡大)。
  旭市清郷は、『海上郡誌』の海上郡滝郷村清瀧に対応します。

 標高があるために、この付近には空自の岩井無線中継所があります。
 無線中継所に最寄りのJR総武線の駅は、「倉橋」駅になります。

 「倉橋」の名は、上総層群・倉橋層で知られており、上総層群の中で、最下位が名洗層、最上位を豊里層、最上位の直ぐ下が倉橋層で、この下に、下から順に、春日層・小浜層・横根層の3層があり、犬吠層群の飯岡層に対応します。以後、ここでは、上総層群の春日層・小浜層・横根層の3層を、便宜的に飯岡層と呼びます。

 飯岡層・倉橋層・豊里層は、ほぼ平行に北西に向かって緩く傾斜し、豊里層の上を香取層が不整合に覆います。
 凝灰質泥岩の飯岡層以外は、砂質の透水層なので、地下水は倉橋層に滞留し、下総台地の傾斜に沿って、その辺縁に向かい、飯岡層の上面から湧出します。

 無線中継所の近くに『岩井の不動滝山』(左上写真内の赤い吹き出しのAマーク)があり、明治初年の廃仏毀釈の際、神仏習合の『龍福寺』(真言宗智山派)(3.nifty.com/f-shima/bouso/unakami.html)が残って、『岩井不動尊』の建物は廃棄されたものの、「不動滝」は健在です。かつては四十七滝と言われましたが、現在は、弘法大師由来の「独鈷の滝」、「大滝」、最も流量の多い「奥の院」の三つが残っています。

 「独鈷の滝」(http://www.city.asahi.lg.jp/kanko/002_05.html)の真下で、「倶利迦羅不動尊」と「不動明王」の2つの石像が、往時の不動信仰における「滝行」を忍ばせます。
 滝のある谷は、北西に緩く傾いた平坦な下総台地の、上面を削り込んだ浸蝕谷で、その谷の東斜面から湧く大量の地下水が、滝の水源です。 
 初夏には、「奥の院」と「大滝」付近で、ゲンジボタルが飛び交う様子が見られ、最近はパワースポットとしても人気です。

磯見川水系の古代と山陰海岸古代の外洋船団(その4)

 豊岡市の「コウノトリ但馬空港」から東南東に数kmのところ、但馬地方の中央を日本海に向かって北に流れる円山川の支流・出石(イズシ)川のさらに支流・袴狭(ハカザ)川沿いの標高約5~10mの低湿な沖積平野に、『袴狭遺跡』が広がっています。袴狭遺跡からは、奈良~平安期の木製品・木製祭祀具が多数出土し、『秦』の字の書かれた土器も発見されました。
 1989年、袴狭遺跡から、4世紀のものと思われる、2m弱の線刻画の杉板木製の舟が出土しました。リアルな線刻画は、大型船とそれを囲む中小船十四隻からなる船団が外洋を航行する様子を描いています。舟はいずれも、舳先(ヘサキ)が高く迫り上がった外洋船です。

 出石町は、日本海からかなり内陸にありますが、かつての但馬国出石は入り江が深く、川幅も今の3倍ありました。出石川に沿って深く入り込んだ地形を利用して、大きな舟が入り込める良港を作り、後背地の硫化鉄鉱・銅・銀・金などの鉱脈も手伝って、鉱工業が栄え、海外貿易を盛んにしたと思われます。

 丸山川支流・八木川沿いの養父(ヤブ)市八鹿(ヨウカ)町八木と丸山川湾曲点の朝来(アサゴ)市和田山の双方にある、『赤淵神社』の主祭神は大海(オホシアマ)龍王神で、奉斎氏族は八木氏です。
 八木氏と同祖の日下部氏の祖先・孝徳天皇の皇子・表米宿禰(ウワヨネノスクネ)命が率いる数千隻の軍船が、大化元(645)年、丹後・白糸浜に来襲した新羅の海賊を討伐の際、大海(オホシアマ)龍王神が現われて、皇子軍の危機を救ったと伝わります。海人系氏族らしい日下部氏の伝承です。
 
 鎌倉から織豊期にかけて、但馬八木氏は、但馬国養父郡八木荘の八木城にあって、十五代三百余年に亘って同地に勢力を振るいました。
 越前・一乗谷の戦国武将・朝倉氏も、上記の古代豪族・日下部氏の出自で、子孫が八木氏を名乗っています。朝倉氏も但馬八木氏も、家紋は「三つ盛木瓜」です。
 その後の但馬八木氏は、一旦は豊臣氏に滅ぼされたものの、関ケ原では徳川方について復活し、江戸期には幕府の旗本として但馬守(タジマノカミ)を名乗っていました。
livedoor プロフィール
最新コメント
記事検索
タグクラウド
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
livedoor 天気
  • ライブドアブログ