伊能忠敬

『 伊能忠敬日誌と当時の天候 』 会員メール集(下)_市民の会


 『 伊能忠敬日誌と当時の天候 』 会員メール集(下)_市民の会 

                                                          (中)からの続き
【 9 】 日付 : 201598日 10:19、
     件名 : Re: 夢想)伊能日誌からの気象状況、差出人 : Mr.B(2)

日記から忠敬の持病を調べている人や、全国を歩き回って当時の偏角を調べたりと、色々な人がいます。

ですが、気象・地震を調べている人はいないと思います。
今回、肝心の温度や気圧、風向・風速のないデータ(数値データがない)からの推測は、
無理っぽいのは分かっていましたが、専門家ならではの知見にもとづいた大胆な推論を期待しました。 

ざっと拝見させて頂きました。
気象音痴の自分ですが、銚子測量当時の気象状況を理解してみたいと思います。
先ずは御礼まで

【 10 】 日付 : 201598日 14:49
       件名 : 富士山の目視、差出人 : Mr.S(6)
 

>・・・銚子測量当時の気象状況を理解してみたい・・・

ここからは、Mr.Bのメールにあります
『今は、この時期、富士山を目視することはほとんど無理ですが・・・』についての愚考です。

ご来光Ed水平方向の見通しの程度は、ほとんど、水蒸気の量によって決まってしまうのでしょうから、
「乾燥した空気に覆われる」ことが、遠方の見通しが良く「富士山が見える」ための
第一の条件となります。

これは、経験的にも、「夏場(南から、海からの水蒸気の多い風)よりも、冬場(北から、内陸からの水蒸気の少ない風)の方が富士山は良く見える」と合致します。

夏場に富士山を目視できない(しづらい)理由として、もう一つ考えられます。
それは富士山が雲に覆われてしまうことです。
特に夏場は、太陽が昇り始めるとともに、富士山の斜面が熱せられて、雲が湧いてきます。
夏の富士山でいわゆる「ご来光」が見えるのは、日の出からのわずかな時間です。
もちろん、雲の湧き具合は、水蒸気の量や日射の強さなどに左右されますので、
一概に「日の出から何時まで」とは言えませんが。                 <  図4.富士山_夏のご来光、下は雲海 >

江戸時代に比べて富士山が遠望できない理由としては、昨今の「地球温暖化の影響」も考えられます。
つまり、昨秋の講演会で、元 気象研究所長の加納さんがおっしゃっていましたように、
「海の異変」の一つに「海の水温の上昇」があります。
これは水蒸気の量の増大に結びつき、富士山への見通しの低下   
のみならず、昨今の豪雨多発化の原因の一つとなっています。

さらにもう一つ(こちらの方が見通しを妨げる主要な原因とも思えます)、
銚子から富士山までのちょうど中間に、首都圏、そして京浜工業地帯があり、
「随分と空気が浄化されてはきている」ものの、
大気汚染物質(地球温暖化物質)が「富士山への目視を遮っている」と考えます。
 

【 11 】 日付 : 2015911日 13:36、
      件名 : Re:享和元年の明日、差出人 : Mr.T(2) 
 

この間、93日 伊能忠敬一行の富士山目視を話題にしていますが
現代ではほとんど不可能な、この時期の富士山目視を1週間かけて行うには、
何か、理由があったのでしょうね? 

1801年には、「この時期でも、富士山目視が可能」という情報があったのでしょうね?

そのような文書はないのでしょうか?
また、測量隊は、この時期にしか銚子に来ることができなかったのですか?

富士山目視にもっと確実な時期(江戸時代でも、冬季のほうが確実だったでしょう)を
選ばなかったのですか?
 

【12】 日付 : 2015912 0:06、
      件名 : Re: 享和元年の明日、差出人 : Mr.B(3)

伊能忠敬
の富士山目視の件
>現代ではほとんど不可能な、この時期の富士山目視を1週間かけて行うには、何か、
理由があったのでしょうね? 

第2次測量の初期に伊豆方面を測量したことには、それなりの意味がありました。 

伊豆と言えば世界遺産で知られる韮山ですが、そこの世襲代官は江川家です。
伊豆は海防上重要な場所ですから、地図の必要性は十分にありました。
最優先した背景は、松平定信の関係もあったかも知れません。
(相模・伊豆方面を海防の見地から巡検しています。忠敬測量の頃は白河に戻っていますが)

因みに、代官江川英毅と伊能忠敬は関係が深いです。
測量について忠敬から通信教育なども受けています。すごいでしょ!飛脚の時代ですから。
とにかく江川家は、先進的技術をどんどん入れています。反射炉だけではありません。 

1801年には、「この時期でも、富士山目視が可能」という情報があったのでしょうね?
>そのような文書はないのでしょうか?

今のところ、目視可能情報があった証拠を知りません。
敢えて問われれば、私は忠敬の情報ではないかと思っています。 

当時、銚子は、利根水運でつながった江戸でも知られた観光地ですから(幕末、明治頃ほどではないとしても)、刑部岬や犬若は江戸でも知られた富士見ポイントだったようです。?
とすれば、江戸の人でも、「10日も滞在すればOKか?」くらいは知っていたと思われます。
忠敬は銚子に知人がいました。何度も銚子に来ていたと思われます。
幕府天文方も、忠敬を除いて情報を得るとは考えにくいです。 

>また、測量隊は、この時期にしか銚子に来ることができなかったのですか?
>富士山目視にもっと確実な時期を選ばなかったのですか? 

多分、今よりはずっと見えやすかったのではないでしょうか。
1か月待っても無理だとしたら、出発月を変えますよね。辛抱強い?私でも。 

この辺の事情を、Mr.Sに、専門家の知見でバッサリ解決して頂けると、講釈師の口が軽やかになれるわけです。
改めまして、一刀両断お願い致します。 

1次測量での蝦夷地は大変で、帰りが冬になることを、一番考えたと思います。
 

【 13 】 日付 : 2015914日 21:44
      件名 : Re:享和元年の明日、差出人 : Mr.T(3)  

小生の素朴な幼稚な疑問に丁寧に返事いただきありがとうございます。
多分200年前(1800年代)にあたりまえ(9月に銚子で富士山が見える)の事柄が
200年後にその証拠を見つけることが難しい・・・

こういうことがほかにもあるのでしょうね。
 

『 伊能忠敬日誌と当時の天候 』 会員メール集(中)_市民の会


 『 伊能忠敬日誌と当時の天候 』 会員メール集(中)_市民の会 

(上)からの続き
【 6 】 日付 : 201593日 0:13
          件名 : Re:享和元年の明日、差出人 : Mr.B(1)

銚子からの富士山の方位測量ですが、測量日記では旧暦726日早朝となっています。
新暦では180193日です。

実は、Mr.Sにお聞きしたいと思っていたことですが、今は、この時期、富士山を目視することはほとんど無理ですが、忠敬の銚子滞在中の天気から、当時の気象状況を推測して頂けないでしょうか?

肝心の気温、気圧、風向、風速などのデーターはありませんが、天候の記載はほぼ毎日あります。
因みに一か月分の天候は、a

7189朝六つ2・3分頃大地震、晴れ曇り、夜晴れ(地震の記載は結構あります)
72810朝より曇り・・・・・・・・・・・現在の館山着
73811朝より曇り、昼晴れ曇り、夜晴れ間
74812朝より曇り、日々大南風、海面不晴れ
75813朝より曇天、南風、4ツ頃より午前雨
76814朝晴れ曇り
77815朝より晴天、南風にて海上不晴れ、夜晴れ
78816朝より晴天、夜晴天
79817朝より晴天、夜晴れ
710818北風晴れ曇り
711819朝より曇り、午前小雨、
712820朝より晴れ、夜晴れ
713821朝より晴れ、海面曇り
714822朝より中晴れ
715823霧深し、
716824朝より晴れ、夜晴れ・・・・・・・蓮沼付近
717825記載なし
718826晴天 ・・・・・・・・・・・・・銚子着
719827朝晴れ、午後白雨あり(しぐれ?)
720828朝晴れ、曇り
721829朝より大雨
722830
723831曇天
72491朝より晴れる。しかれど海面靄おおく遠測ならず、午中太陽測る。
72592晴天、暁7ツごろより今朝6つ後まで雨それより晴天午中太陽を測る。
       午後筑波山、日光山測る。
72693晴天、犬若岬に富士山の方位測量に成功
72794朝より晴れ、山海とも靄、夜曇天・・矢田部着
72895夜曇天・・・・・・・・・・・・・・国末村着
72996朝より曇天、午後小雨・・・・・・・汲上村着
です。

a
【 7 】 日付 : 201593日 7:46、
     件名 : Re: 享和元年の明日、差出人 : Mr.S(4)
 

伊能忠敬測量日誌、天候記載の詳細な資料、ありがとうございます。
a
214年前の93日は、未明(あるいは2日の夜)、
南岸に停滞する秋雨前線に沿って、発達した低気圧(あるいは台風)が東進して、
気圧配置がダイナミックに変わった・・・
a
と、勝手に夢想しておりました。
が、日誌からは、そのような激しいことは起こっておらなかったようですね。
a
将来、伊能忠敬の大河ドラマが実現したときには、日誌よりも我が夢想の方が「絵になる」かも(笑)
a
>忠敬銚子滞在中の天気から、当時の気象状況を推測・・・
につきましては、少々お時間をいただき、愚考してみます。
a

【 8 】 日付 : 201597日 22:12、
     件名 : 夢想)伊能日誌からの気象状況、差出人 : Mr.S(5)
a

先日の宿題
>忠敬銚子滞在中の天気から、当時の気象状況を推測・・・
ですが、古い川柳 『講釈師 見てきたような 嘘をつき』 を頭におきつつ、以下をお読みください(笑)

まず、日誌からの1ヵ月間の天候の全般的な印象ですが、

銚子方面を望むEd2通常の年でしたら、この期間(8月の中~下旬)は「立秋」を過ぎたとはいえ、
まだまだ太平洋の高気圧に覆われ、ギラギラ照りつける太陽、「残暑厳しい季節」なんですが、
測量日誌には「曇天」の記載が多いですね。
a
享和元年(1801年)の夏は、太平洋の高気圧の張り出しが弱かったようですね。
ことによると今夏のようなエルニーニョ現象が起こっていたのでしょうか?

                                                            < 図1.富士山測候所(当時)より銚子方面を望む、手前は噴火口 >    銚子に到着した、826日(日付は新暦、以下同じ)以降の気象状況ですが、                            
27日『朝晴れ、午後白雨あり(しぐれ?)』 
28日『朝晴れ、曇り』

両日とも、朝、晴れてはいたが方位の測量はできなかったようです。


「朝の天気は良かったが、富士山までの見通しはなかった。
27日は午後になって雨が降り、 

湧きあがる夏の朝雲Ed228日は雲に覆われてしまったことからも、水蒸気が多かったと考えられ、見通しが悪かった。
その後の天候の推移からも、西日本には秋雨前線を伴った低気圧が現れ、東に進んでいた。
銚子あたりでも、その影響を受け始めた(秋雨の始まり)」
(補注) 『 』の中は日誌の引用、
      「 」の中は私の愚考
a

            < 図2.湧きあがる夏の朝雲_富士山頂付近 >  
29日『朝より大雨』
「前日、西日本にあった低気圧が、それほど発達することなく東へと進み、関東の南岸を通

銚子など関東地方は南の地方ほど大雨」
a

30日『雨』
31日『曇天』
29日、関東の南岸を通過した低気圧は、急速に発達する(いわゆる南岸低気圧のような)ことがなかったために、低気圧の後ろ側への、乾燥した寒気の移流が弱く、

「台風一過」のような気象状況にはならずに、南岸に秋雨前線が停滞して、雨や曇天のぐずついた空模様になった」a

91日『あさより晴れる。しかれど海面靄おおく遠測ならず、午中太陽測る』
「南岸の秋雨前線がやや南下、弱いながらも寒気が移流。

朝は晴れたものの、年間で最も海面水温の高いこの季節、海面からの水蒸気と寒気とから靄ってしまった。 

気温が高くなる正午を過ぎる頃(午中)には、晴れ上がる(ことわざ:朝靄は昼間の天気)。
ただし、西からは秋雨前線に沿って低気圧が接近中」
a

夏の富士山測候所Ed22日『晴天、暁7つ頃より今朝6つ後まで雨
それより晴天午中太陽を測る。午後筑波山、日光山測る』

a「いったん南下した秋雨前線、夜の間に北上し、前線に沿って低気圧が東進、夜明け頃、銚子付近を通過し、雨が降った。 

太陽が昇るにつれて好天、筑波山などの方位を測量(富士山の測量までは手が廻らなかった?)」a
3日『晴天、犬若岬に富士山の測量に成功』
「前日(9.2)の早暁に通過した低気圧の後ろ側には、大陸からの高気圧が張り出し、  < 図3.富士山測候所(当時、富士山頂剣ヶ峰に設置されていたと登山客 >
燥した寒気の移流があって、2日の午後から見通しが良くなった。おめでとうございます」a
4日『朝より晴れ、山海とも靄、夜曇天・・矢田部着
「移動性の高気圧に覆われ、朝晴れわたり、放射冷却もあって靄」
a
以上あくまでも、勝手な夢想の話、お笑いください。
a
もうひとつ
>今は、この時期、富士山を目視することはほとんど無理ですが・・・
につきましては、別の笑い話をメールします。
(下)につづく

『伊能忠敬日誌と当時の天候 』 会員メール集(上)_市民の会


◆ 
『 伊能忠敬日誌と当時の天候 』会員メール集(上)_市民の会 
a
【注】差出人のイニシャルの後ろの(n)(n=1,2,3・・・)は発言の出現回数。
a

【 1 】 日付 : 201592日 8:40
     件名 : 享和元年の明日、差出人 : Mr.S(1)
a
伊能忠敬の一行が、銚子の犬若岬から、富士山の方位角を測量したのが、
214年前の明日、
93日の朝だったのですね。
a
忠敬さん、秋雨の今の時期、
9日もの間、銚子に足留めされ、『明日こそは・・・』と、
気を揉んでいたであろうお姿を幻視してしまいます。
a
享和元年の明日の未明(あるいは今宵)、
南岸に停滞する秋雨前線に沿って、発達した低気圧(あるいは台風)が東進した・・・
のだろうと私は夢想しております。
a
今年は、低気圧が日本海を東進・・・

明日の朝、享和の再現にはならないようですね。
a

【 2 】 日付: 201592日 10:25
     件名: 伊能忠敬さんの測量、差出人 : Ms.M1)

a
93日は、新暦換算だったのですか?てっきり旧暦と思っておりましたので。

旧暦9/3は新暦で10/15、その頃には何とか見えたのだろうと、勝手に解釈しておりました。

a
測量後期には、心労でほとんどの歯が無くなっていたけれど、銚子での富士山待ちでは、
忠敬さんの歯も健在で、毎晩楽しく海と山の幸を召し上がっていたとばかり思っていました。
伊能忠敬さま、大変失礼申し上げました。
a

【 3 】 日付 : 201592日 10:54
     件名 : Re:伊能忠敬さんの測量、差出人 : Mr.S(2)
a

>銚子での富士山待ちでは忠敬さんの歯も健在で、毎晩楽しく海と山の幸を召し上がっていた・・・

→    
忠敬さん、何を召し上がっておられたのでしょうね?

当時の今ごろの、銚子の山海の珍味・・・
何だったのでしょう・・・

色々と思い巡らすのも楽しいですね。
a
【 4 】 日付 : 2015年9月2日 17:23、
     件名 : Re:享和元年の明日、
差出人 : Mr.T(1)
a
伊能忠敬の富士山の視認の日付ですが、

享和元年の明日ということですが、この93日は旧暦の日付ですか?

それとも、旧暦の日付を新暦に換算して93日なのでしょうか?

旧暦93日だとすれば、新暦に直せばもう少し後日だと思いますが、どうでしょう?

a
【 5 】 日付 : 201592日 17:33
     件名 : Re:享和元年の明日、差出人 : Mr.S(3)
a

伊能忠敬さんの一行は、
1801(享和元年726日(旧暦) ) 年93日(新暦)、
犬若岬から富士山の方位角を測量。
a
富士山の方位角 申(さる)
1925秒 (25925分に相当)
a
現在の方位角 
2593632
a
驚異的精度であったと、私は理解しております。
a
(中)につづく
livedoor プロフィール
最新コメント
記事検索
タグクラウド
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
livedoor 天気
  • ライブドアブログ